青い海と白い砂浜が美しいニューカレドニア

ニューカレドニアの現地習慣について

青い海と白い砂浜が美しいニューカレドニア 南国の島、ビーチリゾートへの旅は開放的になりすぎてしまい、地元の文化、風習に対して配慮が欠けてしまいがちになることがあります。ニューカレドニアは様々な人達が、多様な文化を尊重しながら生活している地域です。基本的に現地の方達は、日本人に対して友好的であり、言葉が通じなくても、こちらが配慮に気をつければ誤解を回避することができます。

ヌメアなど都会では、緊張する程気を付ける必要はありません、しかし、レストランなどは、地元の方達はフォーマルな格好で来店されることが多く、日本人がアロハにビーチサンダルではあまりにもラフな格好過ぎて、場違いな印象を与えかねません。フォーマルな場所には適切な服装で出掛ける少しの配慮をすることは、誰もが楽しいと思える旅行にはかかせません。他にニューカレドニアの離島でのエチケットは、現地の住民と住民が住んでいる家屋の写真を勝手に取らず事前に了解を取りましょう。また、特定の場所を神聖視する風習が残っておりこちらもやはり了解はとってから撮影しましょう。この様な場合は言葉が通じなくても、相手に対して敬意と配慮があれば、身振り手振りのゼスチャーでも伝わります。ただ、ツアー観光客はあまり行かない場所が多いので、それほど心配することはありません。

Copyright (C)2017青い海と白い砂浜が美しいニューカレドニア.All rights reserved.